理系の学問に関わってこなかった人物でも、プログラミングの仕事はできる。プログラミングにとって必要であるのは、プログラム言語の知識や基本的な論理的思考能力である。ソフトウェア開発では、必ずしも専門的な数学の知識が必要になるわけではない。しかしながら、開発の仕事によっては、高い数学センスが問われるケースもある。

文系のプログラマーにとって、これまで数字を扱う経験が少ない人物は、開発の仕事で苦労することが多い。特に、難解な数学に拒否反応を持つプログラマーは、仕事で苦労させられることになる。ソフトウェア開発の仕事に携わる以上は、必要最小限でも数学のセンスを磨いておくことは、文系の学問出身者にとっていずれ役に立つ。

まずは、学校教育で学んだ基礎数学について、改めて学び直すことがきっかけとなる。学生の頃を振り返って数学の基礎を改めて勉強をしてみると、意外と忘れている知識が多いことに気づく。さらには、学生の頃には苦手で学習に苦労した数学の勉強でも、社会人になって改めて勉強し始めてみれば、数学を学ぶことの重要性や魅力の存在を強く感じるようになる。

文系プログラマーは、どこかに数学を弱点として意識している節がある。それでも、基礎的な数学を学びなおしてみれば意外と簡単であり、苦手意識を克服して自身を取り戻すことができる。そうすれば、プログラミング技術者としての成長も、数学を勉強する前と比べて促される。それでも不安であれば【文系プログラマーズCafe】を参考にしてみてはどうだろうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です